電子タバコをメンテナンスすると節約&快適に

vape

IQOSを使い始めて6か月くらいたちますが、扱い方のコツがわかるとメンテナンス費用も抑えられるようになります。

使い始めのころは、専用のメンテアイテムを使用していました。もちろん、専用ならではのメリットと安心感があるものの、少し値段が高いと感じることがあります。洗浄液は専用のものがいいですが、綿棒は市販のもので代用しています。赤ちゃん用の綿棒なら細かい隙間もきれいにできるし、値段が安いので掃除をしやすくなりました。IQOSは基本的に20本おきに掃除を推奨していますが、10本くらいで掃除をすると臭いも気にならないです。

掃除しないまま使うと、甘く焦げたようなにおいがするようになって本体のメリットが損なわれることがあります。リキッドを付けた掃除のときは、ティッシュなどを敷いていてもテーブルが汚れるので、食品用のラップを広げて使うと汚れが気になりません。使った綿棒などもラップで包んで捨てられるので、ごみ箱の臭いが気にならなくなります。

よくIQOSは連続して使えないのがデメリットだと言われているのが気になっていて、1回吸ってから次までに時間がかかると、インターバルになるので吸いすぎなくなります。本数のコントロールをしたいなら、連続して使えない方がメリットなので、IQOSで十分に満足です。

コメントを残す